お金借りるならどこ

MENU

お金借りるならどこにするのがベスト?

お金借りるならどこ
お金を借りるならどこがいいのか?

 

僕はの場合は、ネットで評判を見て、プロミスとアコムにしました。

 

両方申し込んで、プロミスの連絡が先にきたので、契約しました。

 

使っていて不満はなかったし、返済も月に3,000円だったので負担がなかったですよ。

 

それから、もうちょっと借りたいなと思ったときに、アコムにも無利息期間があることを思い出したんです。

 

無利息があるなら、使ったほうがお得ですからね。

 

お金はプロミスで借りても、アコムで借りても、同じお金なので無利息で安くなるほうを選びました。

 

アコムを使ってみてわかったんですが、プロミスもアコムも大手だからとっても親切ですよね。

 

一度返済に間に合わなくなりそうだったんですが、相談にのってもらって待ってもらうことができました。

 

そういう面からもプロミスとアコムはおすすめできると思います。

 

両方同時に申し込みが可能なので、ネットから申し込んでおくといいですよ。

 

スマホにも対応しています。

おかねを借りるどこがいい?おすすめランキング

プロミスとアコムが一番いいですが、銀行カードローンも低金利の時代です。

 

申込者の多い順におすすめのカードローン会社をランキングにしてみました。

 

【1位】

お金借りるならどこ
簡単で借りやすいと若い方から30代〜50代の方にも人気のプロミス。
学生でも20歳以上で安定した収入があれば利用可能です。
今なら新規契約キャンペーンで2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえます。
はじめての方には30日間無利息があるので、短期・少額の借り入れなら絶対プロミスがお得です。
無利息については公式サイトでチェック。
お金借りるならどこプロミスの詳細・申込はこちら

【2位】

お金借りるならどこ
プロミスと同じく人気のアコム。
アコムも初めての方優遇で、30日間無利息です。
アルバイト・派遣の方でも借りやすいし、学生でも20歳以上でバイトなど収入があれば利用できます。
主婦(収入のある)の方にも人気です。
銀色のシンプルなカードだっから、財布に入れていてもローンカードとわかりません。
お金借りるならどこアコムの詳細・申込はこちら

【3位】

お金借りるならどこ
家族にバレずに借り入れ可能と人気の銀行カードローン。
低金利でフリーターでも比較的利用しやすい銀行カードローン。
口座なしでも利用できるので、日本全国多くの方が利用しています。
提携ATMが手数料無料で利用できます。
返済サポートで毎月1,000円からの返済が可能です。
お金借りるならどこ三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの詳細・申込はこちら

【4位】

お金借りるならどこ
三井住友銀行カードローンも口座なしで利用可能。
300万円以内なら収入証明書不要です。
三井住友銀行に口座がある人は、WEB完結で契約可能。
提携ATMが手数料無料で利用できます。
お金借りるならどこ三井住友銀行カードローンの詳細・申込はこちら

【5位】

お金借りるならどこ
モビットは、申込の入力項目が他社と比較して少ないのが特徴。
簡単に申込できるので人気です。
10秒で簡易審査結果表示なので、審査もすぐですね。
電話連絡なし・郵便物なしのWEB完結申込もあります。
(WEB完結は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座がある方が利用可能です)
即日融資も可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
お金借りるならどこモビットの詳細・申込はこちら

【6位】

お金借りるならどこ
大手銀行の安心カードローン。
口座がない方は、同時に口座開設が必要なので、少しハードルが高いかもしれませんが、みずほ銀行に口座がある方なら、キャッシュカードとローンカードが一体型なので簡単です。
来店不要・郵送不要の銀行カードローンです。
最大限度額800万円。
お金借りるならどこみずほ銀行カードローンの詳細・申込はこちら

【7位】

お金借りるならどこ
利用者の多いイオン銀行のカードローン。
審査は即日回答ですが、カードが郵送で到着してからの利用なので、少し時間がかかります。
月々の返済は3,000円からで安心です。
お金借りるならどこイオン銀行カードローンの詳細・申込はこちら

 

消費者金融は借りやすい、銀行カードローンは金利が安い。

お金借りるならどこ

 

消費者金融と銀行カードローンには、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

消費者金融は、金利は高いが、即日融資などのスピード対応が良く、無利息期間などのサービスが充実しています。

 

郵送なしや、カードの発行なしを選べるのも消費者金融です。

 

いっぽう銀行カードローンは、金利が安いというメリットがあります。

 

デメリットは、その銀行の口座を開設しなければならなかったり、カードの発行が必須だったり、少々手続きに時間がかかる点があげられます。

 

また、総量規制という融資限度額の法律がありますが、総量規制の対象外というのも、銀行カードローンのメリットです。

 

そして、無職の専業主夫や専業主婦が借り入れする場合、配偶者に安定した収入があるという条件で、借り入れできるのが銀行カードローンです。

 

無職の場合、いっさい借り入れできないのは消費者金融です。

 

おかねを借りるどこがいい?おすすめランキングへ

 

 

お金借りるならどこがいい?

お金借りるならどこがいい?今ベストな消費者金融&銀行カードローンランキング(^o^)

 

お金が足りない時ほど、何故か急な出費が重なってしまう事はありませんか。

 

この出費が無ければ何とかやりくり出来たのに、この金額ではもう無理、でもどうしても必要な事ってありますね。

 

例えば冠婚葬祭や子供の教育資金、海外や国内旅行、趣味や資格取得など前々から準備や計画を立てていても、日々生活をしているとなかなか思い通りにはならなくて、いざ言う時にお金が無いって事はあります。

 

でも、お金が無いからと家族や知人には言えないし、今後の関係をこじらせたくはありません。

 

お金は銀行で借りるというイメージがありますが、銀行カードローンの個人への過剰融資問題で、銀行のカードローンは即日融資が難しくなる方向にあります。

 

銀行カードローンは消費者金融より若干金利が安いですが、できるだけ簡単にお金を借りるなら銀行カードローンより消費者金融がおすすめです。

 

消費者金融と言われると怖いなと思われるかもしれませんが、三井住友銀行グループや三菱UFJフィナンシャルグループですからシステムやサポートがしっかりして安心です。

 

実際にお金を借りるならどこという事になりますとおすすめの消費者金融のプロミス・アコム・モビットです。

 

テレビCMをみてもとても親しみのある会社です。

 

3社とも申込み方法は、パソコン、スマートフォン、ケータイ、各社のATM、店舗窓口、電話、郵送から選べます。

 

ネットなら24時間、365日受付しています。

 

申込みが出来る年齢は、20歳〜69歳の安定した収入のある方。パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方も可能です。

 

簡易審査は数秒ですが、本審査時間は最短30分です。

 

おすすめランキングから借りる

 

お金を借りる時一番気になるのが金利といくらまで借りられるかです。

お金借りるならどこ

 

金利は、プロミスが4.5%〜17,8%、アコムとモビットは金利3.0%〜18%で、プロミスが0.2%お得です。

 

融資の最高額は500万円までや800万円までと各社違いはありますが、審査によって利用できる融資可能額がかわりますので、その利用範囲の中で使いましょう。

 

はじめて借りるならプロミスとアコムは30日間無利息期間があります。

 

はじめてだからこそのお得なサービスですから条件を満たしてぜひ利用したいですね。

 

プロミスは「30日間無利息サービス」でEメールアドレスの登録と書面の受け取り方法をプロミスのホームページで書面(Web明細)を選択するだけで初回ご利用日の翌日から30日間が無利息です。

 

アコムは「30日間金利0円サービス」で返済期日が35日ごとに契約すると契約日の翌日から30日間が金利がかかりません。

 

ただし、契約日からのサービスですので借入日ではありませんので折角のお得な期間ですから契約したらすぐにお金を借りましょう。

 

おすすめランキングから借りる

 

お金を借りた後に待っているのが返済です。

お金借りるならどこがいい?今ベストな消費者金融&銀行カードローンランキング(^o^)
返済方法は各社色々あって迷いますが、あなたの生活スタイルに合わせて選びましょう。

 

アコムならではの35日ごとに返済日が巡ってくるのは、返し方次第で返済日が変わる自由な感覚があって、返済日が近づく嫌な重苦しさや焦りが減る様なきがします。

 

例えば今月の給料日が曜日の関係で早く入るから5日早く払うことも出来ます。

 

払った後の次の返済日は払った翌日から35日目なので分かりやすく、元金を減らして早く払い終わる事になります。

 

プロミスは口座振替で三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があるなら、5日、15日、25日、月末と給料日に合わせて選べます。

 

その他の銀行は5日です。

 

モビットは業界初ゆうちょ銀行の即時振替サービスが出来ます。

 

今までは振込みの手続きのみでしたが、ゆうちょ銀行からの口座引き落としが出来るようになりました。

 

モビットの「WEB完結申込」から申込みの手続きをしましょう。

 

ゆうちょ銀行は全国どこにでもありますし、会社の転勤などで引っ越した先でも返済に困りません。

 

お金を借りるのはどこも簡単に借りられるように様々な方法があってとても便利です。

 

返す時は手数料かからない方法もありますが、多少手数料がかかってもあなたの今の状況に合わせて返済方法を選んで支払いを遅れないようにしましょう。

更新履歴